【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しよう

「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。

 

レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。

 

実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。



【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しようブログ:170720

オレの今年の目標は、
「ストレスを溜めない!」ことです。

オレのストレスとの付き合いは、
すごく長期間に渡ります。

ストレスのために、
胃薬に頼ったこともあります。

ストレスのために、
寝てる間も歯を食いしばり過ぎて、
あさ起きてもクチがいつものように開かないときもありました。

ストレスのために、
マブタが痙攣したことも…

こういったようなからだに出る症状もありましたが、
日々の生活において慢性的なものとしては、
ドカ食い+スナック菓子を食べることでした。

ドカ食いをするわけですから、
咀嚼などほとんどしません。
おかずを少しつまんで、ごはんをいっぱい食べるわけです。

コロッケにソースをたっぷりかけて、
味の濃さでごはんをいっぱい食べる…なんて、
オレの大好物!

自分ではあまり気付いていないのですが、
隣で見ていた家内からは
「誰も取らないから、ゆっくり食べなさいよ」
と笑われたりします。
それくらい、必死に一心不乱に食べているようです。

しかも、それだけでは物足りず、
今度はスナック菓子に手が行きます。

スナック菓子などを手で食べると、
手が汚れて油がついてしまうので、
ごはんを食べたお箸をそのまま、
スナック菓子の袋におもむろに突っ込んで食べていきます。

しかも、途中で止めることができません。
「ガツガツ、ムシャムシャ…」
味などは、ほとんどわかりません。
ただただ、塩分をからだが欲しているんでしょうか…
止まりません。

一袋無くなるまで、一気に食べ続けてしまう…
そこで、我に返って満腹感を感じるといった感じです。

そして、少し時間がたってくると
オレは胃もたれみたいなものに悩まされるのです。