【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。



- 注目サイト一覧 -

中央線 賃貸クリック
中央線 賃貸の情報
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/


【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績ブログ:170807

オレは現在35歳の独身女性。
非常に微妙なお年頃…?ですね。

今、学生の頃親しかった仲間たちを見渡してみると
多くが子供を出産し、家庭生活を営んでいらっしゃいます。

オレは進路を決定する時に、
いつもといっていいほど仲間のアドバイスを聞かないようで、
職業を決めるときにも企業への就職には、
仲間の多くは反対をしていました。

理由は
「厳しすぎる」「男の職場」「婚期を逃す」…などさまざまですが
多くは女性として好ましくないという
ニュアンスが多かったように感じます。

オレは「結婚はしたい」とクチでは言いながら、
当時の世間的に見れば結婚するという方向性ではなかったようですし…

オレ自身の気は弱いわりに、
負けず嫌いでしつこくて不器用な性格を知っていた仲間たちのほうが、
数年後のオレを容易に想像できたのかもしれませんが…

昔、オレが結婚に踏み切れなかった理由は、
好きな人を愛し続ける自信のなさと
仕事を続けることを反対されたことでした。

オレが仕事もしたい…と好きな人に伝えた時、
なぜか怒りを買ったことを覚えています。

好きな人の背景もありましたし、
背景から来る「女性は家庭を守って欲しい」という
好きな人の価値観と折り合いをつけることが出来ませんでした。

好きな人と再会してもやり直すつもりはありませんが、
今同じ状況ならどう対処できるだろうな…とはよく思います。

20代のときほど、
必死に身体を壊すほどに仕事に向かわなくても良くなった今…

オレの人生に
子供という授かり物がきてくれるかどうかは別として、
結婚できなかったらもっと寂しくなっちゃうんじゃないかな、
一生幸せになれないんじゃないかな…
そんな怖れにふと駆られることもあります。