【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません

【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません


【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません
まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 レーシック手術を受けることによって失敗をしてしまうことはほぼありえませんが、100%失敗をしないというワケではありません。
人の手で手術が行われている以上、ミスを起こしてしまうことが考えられるので万が一のことを考えてよく下調べしておきましょう。

レーシックによって視力を回復することに成功をした人達というのは、手術前に自分自身でしっかりと勉強をしています。
しかし感染症にかかってしまったりして失敗してしまった人達の多くは、自分自身での下調べをしてなかったことがよくあるのです。

まずはクリニックで発生した合併症や感染症の感染率などを事前に必ず下調べをしておきましょう。
もしその時に、レーシックを受ける候補に入れていた病院で発生率が高かった時には、別の病院を利用するようにしましょう。




【レーシック知識】100%失敗しないとは限りませんブログ:170719

おいらが幼稚園に入園した日、
忘れられない思い出がある。

新しいカバンに、新しい遊び着、新しいお道具箱…と揃った中に、
ただひとつ、母が手作りしてくれたものがあった。
それは「ひよこの座布団」。

当時、園児は全員座布団を使用していた。
そのほとんどは集団購入したもので、
デザインはたしか、
男の子は青、女の子は赤色、
厚さが三、四センチはありそうなふかふかとしたもので、
座面には可愛らしいひよこのアップリケが施されていた。

みんなとは異なる座布団は、クラスでおいらただ一人。
色は小豆色、薄っぺらでざらざらとした手触りで、
園児が使うにしては、なんとなく違和感があった。

おいらは母に泣きついた。
「おいらもみんなと同じ、かわいいひよこのついた座布団が欲しい」

母はその座布団に
ひよこのアップリケをつけてくれたが、
それでもおいらの気分はすぐれなかった。

おいらの座布団はとても目立ったので、
おいらは隠すように急いで席についた。

早く汚れて新しい座布団を買ってもらおうと、
わざと乱暴に扱った。

しかし、他の息子のアップリケは次々とはがれていくなか、
母が手作りしてくれたおいらの座布団は悲しいくらいに頑丈で、
びくともしないまま、卒園を迎えた。

少し成長して、中、高校生になり、
おいらは家庭内の状況がわかる年頃になった。

我が家は一家の収入を母に頼っていた時期があった。
それはどうやらおいらが幼稚園に通っていた頃と重なるようである。

おいらは「手作りの座布団は経済的に苦しかったからか」と納得し、
その当時も使っていた、
母が作ってくれた
ひよこの座布団を好意的にとらえられるようになっていた。
【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません

【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません

★メニュー

【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数
【レーシック知識】レーシック手術の割引制度を有効活用
【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術
【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しよう
【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません
【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません
【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績
【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)人気絶頂レーシック情報ウェブ