【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか


【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。




【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:170606

ダイエットで成功した人でも、
「リバウンド」を一度や二度は経験しているかもしれませんね。

ぼくも、辛い食事制限でダイエットしたのに、
簡単にリバウンドしてしまったという悲しい思い出があります。

では、
一度痩せた肉体をずっと保つにはどうしたらいいのでしょうか?

痩せた後も太りにくい肉体を作るには、基礎代謝のアップが必要!
それこそがリバウンドを防ぐ秘訣なのだそうです。

脂肪を落とすだけじゃなく、筋肉をつければ、
基礎代謝を高めることができます。

その筋肉を鍛える体操が、無酸素体操なのです。
筋力トレーニングが知られていますが、
ダンベル体操などもそうです。

連日少しずつ、
筋肉に負担をかける簡単な体操を続けることが大切!

100メートル走や重量挙げなどは一般の方ではなかなかできませんし、
息をとめるような無酸素体操なので、おすすめではありません。

おすすめの体操は、女性でも手軽にできるような静的体操です。
静的体操とは、走ったり歩いたりして、
肉体を激しく動かすものではなく、
肉体を固定して行う運動のことです。

押したり引いたりして筋肉の収縮を持続させるタイプのものと、
筋肉を繰り返し使うものの2種類があります。

どちらも筋肉を強くすることに効果的ですので
一日数回1セットを連日続けるといいでしょう。

太りにくい肉体を作るためには、
肩凝り体操や肩凝り体操などで
腹やうで、足の
筋肉を鍛えることが大切なんですね。

ウォーキングなどの有酸素体操と合わせて、
無酸素体操で筋肉を鍛えることが最も効果的なようですよ!

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

★メニュー

【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数
【レーシック知識】レーシック手術の割引制度を有効活用
【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術
【レーシック知識】レーシックの手術方法を理解しよう
【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか
【レーシック知識】100%失敗しないとは限りません
【レーシック知識】サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
【レーシック知識】もうコンタクトレンズは必要ありません
【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績
【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)人気絶頂レーシック情報ウェブ